見出し

飯田商工会議所

飯田商工会議所
地場産業
豊かな自然と文化風土が、飯伊地場産業の基盤です。

地場産業信州の南に位置する飯田・下伊那地方(飯伊地方)は、東に南アルプス国立公園、西に中央アルプス県立公園、南に天竜奥三河国定公園という雄大な自然の景観に包まれています。

古くから三州・遠州・秋葉の三つの街道がこの地を通い、人や物の交流が活発に行われてきました。また、それに伴い、多様で個性豊かな文化が形づくられてきました。雅な街並みの残る山の都・飯田市と、それをとり囲む町や村には、今なお往時の形そのままの、貴重な文化財や民俗芸能を数多く見ることができます。

この豊かな自然と文化の息づく土地で、人々は長い時を重ね、自然とのやりとりを通し独自の生活技術を創り出してきました。それらの技術は時代と共に、地場産業として大きな実を結んできました。江戸時代には水引・染色・織物・漆器等の産業が発達しました。戦前戦後には農家の副業が工業化された凍豆腐や漬物・菓子・皮革・メリヤス等が興り、他地域では見かけることができない数多くの地場産業が発達し、現在も地域経済を大きく支えています。

地場産業昭和30年代の中頃からは企業誘致を積極的に展開し、昭和50年の中央自動車道の開通により地域全体が大きく活性化され、地場産業とハイテク産業がバランスを保ちながら飛躍してきました。

いまリニア中央新幹線の取り組みをはじめ、東海地区の工業ベルト地帯と結ぶ三遠南信自動車道も建設が始まり、飯田・下伊那地方は大きな未来に向けて躍動し始めています。

[関連サイト]飯伊地域地場産業振興センター
[関連サイト]ビジネスネットワーク支援センター

このページの先頭へ
お問い合わせメール