見出し

飯田商工会議所

飯田商工会議所
三遠南信自動車道
この自動車道は昭和62年6月に第四次全国統合開発計画(四全総)で高規格幹線道路網に決定され、飯田市を起点として、愛知県を経由して静岡県三ヶ日町に至る、延長約100kmの一般国道専用道路として有料道路制度を活用して整備することにしている。既に開通済区間は小川路峠道路〜矢筈トンネル区間L=4.8km(H6.3開通)と、青崩道路〜草木トンネル区間L=2.2km(H67開通)となっている。また、飯喬道路(飯田市山本〜上久堅区間)14.6kmの工事は平成11年11月鍬入式が行われ工事着工となった。
喬木IC
●喬木IC(三遠南信自動車道)

浜松豊橋・飯田三会議所交流
浜松・豊橋・飯田三会議所の交流は三遠南信自動車道の早期開通の願いをこめて始まった。
平成3年12月第1回三遠南信経済開発懇談会が開催され以来、各地区持ち回りで開催三巡目を数える。
三会議所の共同事業では、三地域情報地図発刊、三遠南信交流団体調査、首都機能移転適地調査等を実施、成果をあげた。
交流から連携を合言葉としてハイテク展示会への出展等具体的な交流事例は数多くなってきている。
平成9年には従来の三遠南信地域経済開発懇談会の輪を拡大し、三会議所のみの交流から68商工会議所・商工会で組織する三遠南信地域経済開発協議会に発展的に組織替えをした。


[関連サイト]飯田国道工事事務所
[関連サイト]国土交通省道路局
リニア中央新幹線
リニア中央新幹線は、21世紀の日本の国土構造において、多用な交流と連携を実現化する新たな国土の主軸となる高速交通網であるとの認識に立つ国家的なプロジェクトである。

当会議所はリニア中央新幹線建設促進飯伊地区期成同盟会に歩調を合わせ、リニアの飯田市通過と飯田駅設置運動を展開している。

また、リニア中央新幹線建設促進沿線9県経済団体連合会と共にリニアの早期建設実現運動を展開している。平成7年には当会議所が主幹で東京〜大阪間沿線経済団体リニア中央エクスプレス早期建設促進大会を飯田市で開催した。

[関連サイト]リニア中央新幹線建設促進期成同盟会
リニア中央新幹線

飯田市街地再開発事業
この事業は、中心市街地活性化の拠点づくりを目指し、商業機能の集積を高め、公益施設の導入を図るとともに、定住人口の確保を図るため、良好な都市型住宅を供給することを目的としています。このため、再開発ビルは1階にスーパーマーケットを核店舗として、本町通り沿いに個店を配置することによって、連続的な商業空間を形成します。また、2、3階には市の受付業務を導入することにより、人々が行き交う拠点づくりを形成します。そして、4階から10階には単身者やファミリー層、高齢者に向けた多用な都市型住宅を導入します。

飯田市街地再開発


[関連サイト](株)飯田まちづくりカンパニー
地場産業
豊かな自然と文化風土が、飯伊地場産業の基盤です。

地場産業信州の南に位置する飯田・下伊那地方(飯伊地方)は、東に南アルプス国立公園、西に中央アルプス県立公園、南に天竜奥三河国定公園という雄大な自然の景観に包まれています。

古くから三州・遠州・秋葉の三つの街道がこの地を通い、人や物の交流が活発に行われてきました。また、それに伴い、多様で個性豊かな文化が形づくられてきました。雅な街並みの残る山の都・飯田市と、それをとり囲む町や村には、今なお往時の形そのままの、貴重な文化財や民俗芸能を数多く見ることができます。

この豊かな自然と文化の息づく土地で、人々は長い時を重ね、自然とのやりとりを通し独自の生活技術を創り出してきました。それらの技術は時代と共に、地場産業として大きな実を結んできました。江戸時代には水引・染色・織物・漆器等の産業が発達しました。戦前戦後には農家の副業が工業化された凍豆腐や漬物・菓子・皮革・メリヤス等が興り、他地域では見かけることができない数多くの地場産業が発達し、現在も地域経済を大きく支えています。

地場産業昭和30年代の中頃からは企業誘致を積極的に展開し、昭和50年の中央自動車道の開通により地域全体が大きく活性化され、地場産業とハイテク産業がバランスを保ちながら飛躍してきました。

いまリニア中央新幹線の取り組みをはじめ、東海地区の工業ベルト地帯と結ぶ三遠南信自動車道も建設が始まり、飯田・下伊那地方は大きな未来に向けて躍動し始めています。

[関連サイト]飯伊地域地場産業振興センター
[関連サイト]ビジネスネットワーク支援センター
技 - tech -
技着実に進む伝統技術。
信州の小京都、飯田の街には、さまざまな文化、伝統の技が今に、伝えられています。その繊細で雅な感性に裏打ちされた「技」が工芸品の隅々にまで生かされ、さらに新しい産業に受け継がれ発展しています。

水引
水引飯田の水引生産は、元禄時代に飯田藩主の堀親昌の殖産興業として始まり300年近い伝統を持ち、現在では全国の70%を生産しています。信州の清澄な自然と飯田地方の上品で繊細な感覚を活かし、心のこもった品として全国から厚い信頼を受けています。
家具・木工芸品
水引豊富な森林資源を背景に、明治時代には漆器製造が最盛期を迎えました。人間の優しい思いやりに溢れて手作りの良さ、自然の恵みである木材杢目の美しさを生かし、消費者ニーズを確実に捉えた、付加価値の高い家具・木工芸品が造られています。
皮革
水引飯田の皮革は昭和20年頃から始まりました。欧米の最新鋭設備を積極的に導入して次々と新製品を開発し、クツ用・袋もの用・カバン用・椅子張り用と多様な皮製品に対応し、業界のトップに育っています。
紬・絹織物・染色
紬・絹織物・染色飯田紬は江戸時代製糸用繭を出荷した後の屑繭をつむいだ糸で織った地織紬で、昭和50年に伝統工芸品に指定されています。無地、色縞、絣柄模様は素朴な飯田紬の三大特長です。また、飯田地方の染色は寛政3年、今から200年前「鮫小紋」という微細型染めが始められ、養蚕景気による地元消費の拡大と共に発展しました。伝統工芸的な製造方法を継承し、本場京都にもない古い技法が残されています。
ニット・メリヤス
多品種少量生産に対応するため、全国に先駆けてコンピュータ編機の導入を行い、合理化・省力化を図り、消費者ニーズにマッチした製品づくりが行われています。

焼物
焼物慶長14年(1609)頃から始まった焼物は、江戸時代から明治にかけて管内に10を越える窯が生まれ、日用雑器が焼かれていました。現在は天龍峡焼・阿南焼などがあります。
その他
瓦・傘・装身具…と、飯田・下伊那の伝統技術は多様に広がり、さまざまな製品を生み出しています。風土と歴史と、人々の着実な生活技術の積み重ねが、今日の多彩な地場産業を育んできました。
瓦傘
食 - foods -
食清澄な水と空気を活かして。
信州でも比較的温暖な飯田下伊那地方は、その自然風土を活かした漬物・味噌など滋味豊かな郷土食・保存食が伝えられてきました。一方、古くから京文化の影響を受けた上品な気風が菓子づくりなど、「食」文化に色濃く反映しています。豊かな自然と雅やかな気風に培われて発展してきた飯田下伊那の食産業は、これからも大きな飛躍が期待されています。

漬物・味噌・醤油
漬物・味噌・醤油信州といえば味噌・漬物といわれるほど全国的に有名です。気候風土が最適地である「信州味噌」は全国の約30%を占めます。漬物は昭和初期の「山ごぼう」「大根の味噌漬」から始まり、その後の需要の高まりにともない野沢菜・なす・梅・きゅうり・山菜等の味噌漬けや塩漬・醤油漬等さまざまな商品が生産されています。
菓子
菓子明治25年に下伊那菓子組合が設立され、大正時代には、既に241の菓子工場がありました。昭和35年の「栗しぐれ」の大ヒットを契機に全国に市場を拡げ、菓子産地としての地位を確かなものにしました。水分を30%以下にして日持ちを良くした半生菓子は、全国の40%を生産しています。
凍豆腐
凍豆腐豊富で良質な水と、冬の厳しい夜間気温。凍豆腐の生産は、この自然条件を活かし、約130年前の江戸期に、農家の副業として始まりました。その後たゆまぬ技術革新により、食品工業として確立し、現在では全国シェアの60%を生産しています。
清酒
清酒特上の水と、良質の酒造米。このうえない自然条件に加え、信州人持前の研究心で磨き上げたお酒です。昭和19年、当地方にあった37軒の酒造メーカーが合併して現在のお酒が生まれました。
お茶・ゆべし
お茶・ゆべし天竜川の川霧がたちこめる恵まれたこの地の風土は、良質のお茶を生産します。また、ゆず・くるみなど山の恵みを上手に活かした「ゆべし」は、保存食・山里の珍味として人気を集めています。
ハム・ソーセージ
ハム・ソーセージこの地の畜産の発展に伴い、ハム・ソーセージの製造は昭和33年より始まりました。原料の、製造から流通に至る一貫生産の中で、地域の食肉流通の近代化が図られています。
ハイテクノロジー
ハイテク精密・電子・光学
高度な技術文明の発展に伴い、この地方は、精密・電子・光学工業の集積地として大きく発展してきました。これらはオプトエレクトロニクス・メカトロニクスなどの複合的な技術として、将来に大きく発展しようとしています。

共同受注センター【飯田ビジネスネットワーク支援センター】の概要

1.設立の目的
飯田・下伊那地域の工業は、電機機械や精密加工などを中心に多彩に発展してきましたが、大手企業の海外シフトによる受注の減少、コストダウンの要請などのほか、高度技術の不足、従業員の高齢化など多くの課題に直面しています。そこで、この地域の企業が保有する知能、技術、市場などの経営資源を実質的に連携させ、共同受注や大手企業との連携、新産業分野の開拓や情報の受発注ができる「支援センター」を第三セクターで設立し、受注確保や地域産業の集積化・ネットワーク化を進め、地域産業の振興を図ることにしました。

2.事業の内容
(1)飯田下伊那地域を工業集積地として全国にPRし、センターに寄せられる受発注情報を登録企業に紹介し、ビジネスの仲介を行う。
(2)全国各地の異業種交流会とネットワークを形成し、登録企業との交流を図る。
(3)県内外のあらゆる情報を把握し、登録企業に適切に提供し、具体的な取引の成立を推進する。
(4)全国各地の展示会等に積極的に参加し、新規発注先となる企業の開拓を図る。

飯田ビジネスネットワーク支援センター

共同受注フロー

共同受注フロー


地場産業センター/工業技術センター

地場産業センター外観
(財)飯伊地域地場産業振興センター
長野県飯田市上郷別府3338-8
TEL.0265(52)1613 FAX.0265(24)0962
http://www.isilip.com
地場産業センター
地域地場産業の振興を目的に第三セクター方式で設立され、新商品開発能力育成・需要開拓・人材養成・情報収集提供などの地場産業振興にかかわる事業を行っています。

工業技術センター
精密・電機・電子・光学工業の製品の高度化や技術力向上を目指して、試験・検査・研究をする施設。ミクロン、サブミクロン単位まで測定できる各種測定器を28種類揃え、企業に解放しています。


アクセス

アクセスマップ


高速バスをご利用の場合
主要都市と飯田を直接結ぶ高速バスが運行されています。

路線名発着所要時間
新宿線飯田バスセンター → 新宿バスターミナル約4時間15分
名古屋線飯田バスセンター → 名鉄バスセンター約2時間30分
大阪線上飯田バス亭 → 大阪(梅田)約4時間
長野線飯田バスセンター → 長野県庁約3時間
松本線飯田バスセンター → 松本バスターミナル約2時間

  高速バスのご予約はこちらの各予約センターをご利用下さい。
また、料金等の詳細につきましては信南交通株式会社ホームページをご覧ください。

●飯田予約センター
●駒ヶ根予約センター
●伊那予約センター
●京王高速バス予約センター
●名鉄バスセンター
●阪急バス予約センター(大阪線のみ)
0265-24-0007
0265-83-0007
0265-78-0007
03-5376-2222
052-582-0489
06-866-3147


JRをご利用の場合

JR飯田線(長野県岡谷市〜愛知県豊橋市の間)の、JR飯田駅が最寄りの駅となります。


マイカーをご利用の場合

中央高速道・飯田ICが最寄りのインターチェンジとなります。
区間距離
東京(高井戸)〜 飯田約252km
名古屋 〜 小牧JCT 〜 飯田約107km
大阪(東大阪南)〜 小牧JCT 〜 飯田約287km
長野 〜 岡谷JCT 〜 飯田約144km
松本 〜 岡谷JCT 〜 飯田約88km
主な事業
飯田下伊那の経済産業の発展と会員サービス機関として
8つの大きなステージで活動しています。



ステージ1 - 産業振興・育成、経済基盤の整備促進 -

活気に満ちた経済活動、賑わいのある街づくりの創造、先端技術をもった産業、伝統産業の拡大を目指し、産業基盤、経済基盤の整備を重要な事業の一環として取り組んでいます。

  • リニア中央新幹線建設推進運動
  • 三遠南信自動車道建設促進運動
  • 飯田市工業マスタープランの具体的推進
  • 中心市街地街づくり事業促進
  • 飯伊地域地場産業振興センター事業への協力
  • 求職、求人活動への協力(職業安定協会)


ステージ2 - ネットワーク・コミュニケーション -

会議所は日本商工会議所を中心に全国535の会議所と結ばれ、全国と情報交換を行っています。産業、イベント、パテント、企業・商品情報などの受発信や取引照会、企業調査も行っています。これらの情報はインターネット、FAXにてリアルタイムに対応しています。会員の皆様にはお馴染み「会議所ニュース」として会議所の動きをお知らせし、身近な相談相手として振興委員も設置しています。


ステージ3 - 人材育成 -

この緑豊かで住み良い故郷を発展させるのは人の活力です。「企業は人なり」の視点に立ち、教育・検定プランを用意し、業界、人材のレベルアップの講習会もあわせて行います。

資格を得るための検定試験

人材レベルアップのための講習会
  • 新入社員研修
  • パソコン講座


ステージ4 - 経営者と従業員の福利厚生 -

充実した共済制度による保障と健康のためのメニューを用意しています。制度は目的により各種あり従業員さんが安心して働けるための「特定退職金制度」などがあります。また、永年企業に貢献した従業員には「永年勤続表彰」や「健康診断事業」も行っています。

ステージ5 - 企業リスク回避のため -

企業は自社製造物の欠陥により消費者などに被害を与えた場合、たとえ過失がなくとも賠償責任が問われます。そこで用意したのが中小企業製造物責任保険(PL保険)です。万一のアクシデントの損害賠償や弁護士費用が支払われます。

ステージ6 - 企業活動の支援 -

事務の合理化への一助として労働保険(雇用・労災)に関する各種申請・届出・保険料給付などの手続きを代行します。

ステージ7 - 新しい仲間との出会い -

会員の皆様を業種別にわけ部会を設置し、経営者同士が情報の交換、親睦、イベントを開催し、交流を行っています。また、業種を越えた若手経営者による青年部、女性による女性会を設け、意欲的な活動を行っています。ほかにも会員皆様の交流慰労をかねて「会員行楽会」共済加入者への感謝を表し「共済旅行」なども行っています。

ステージ8 - 意見要望活動 -

会員の意見を取りまとめ、行政庁などへ意見具申、要望、陳情などを行います。

ステージ8・フロー図
中小企業相談所
中小企業相談所は企業経営の支援機関です。
経営指導員にお気軽にご相談下さい。
相談は無料です。

金融
中小企業の経営を伸ばすため、安心かつ低利な制度資金の斡旋を行っています。

  • マル経資金(無担保・無保証人・低金利)
  • 日本政策金融公庫
  • 長野県融資制度
  • 飯田市融資制度

税務・記帳
記帳から決算申告指導まで自主記帳、自主申告を目的に指導しています。また、経営の合理化と節税を目指し青色申告をお勧めします。

  • 記帳継続指導
  • 記帳代行指導

情報
企業経営に役立つ情報の提供や専門家による相談や派遣を行っています。

  • 業者照会
  • 発明・発見・意匠・商標相談
  • 経営安定特別相談室

経営
経営や経済動向、時事問題など各種講習会を開催し、経営改善の指針を提供しています。業界団体や業種組合のご要望に応じて随時開催しています。また、個別診断として店舗や工場の診断も行います。

共済
事業主の退職金制度や、取引先に不測の事態が生じた時の資金手当てをする制度があります。

  • 小規模企業共済(事業主の退職金制度)
  • 中小企業倒産防止共済(取引先の倒産などまさかの時の制度)

労務
労働力の確保、定着のための就業規則や給料規定の作成、労働保険・社会保険に関する相談指導を行っています。

このページの先頭へ
お問い合わせメール